サイトメニュー

小顔でファッションを満喫

診察

治療はカウンセリングから麻酔を経て、エラにボトックスを注入しますが、早ければ注射は数分で終わり、その後は直ぐに帰れます。そして納得のボトックスエラ注入を受けるためにも、プライバシーへの配慮やアフターケアも含めて、クリニックを選びましょう。

詳しく見る

内側から自然に消える

注射

薬でガチガチに固めるのではなく、脳から放たれる命令をブロックし、エラの筋繊維を開店休業状態にして小顔にするのが、ボトックスを使ったエラ治療の特徴です。そして値段が違えば中身も違いますから、高純度で良質なボトックスを選ぶのが理想的になります。

詳しく見る

手術なしで念願の小顔へ

顔に触れる女性

手術不要で小顔になれるボトックスエラ治療は、追加治療で持続期間を延長できますが、その際は高純度品を使って抗体の発生を防ぐのが秘訣です。また、万一結果が気に入らない時は放っておけば元へ戻っていくため、戻り道がある点も人気の一翼を担っています。

詳しく見る

顔を変えられる美容整形

注射

エラの部分にある筋肉をよく使っていると硬直してしまい、その影響で顔が大きく見えてしまう場合があります。クリニックで利用できるボトックスの注射は、筋肉の硬直を緩和できるので小顔矯正を簡単に行いたい時に使えます。

詳しく見る

施術も申込も簡単

医者

クリニックに電話をしてカウンセリングの予約を入れ、それを受けて了承したら、ボトックスエラ治療の本申込を致しましょう。一方、継続治療を行う際、ほかのボトックス治療もご希望なら、ボトックスエラ治療と同じタイミングで受けるようにするのが大切です。

詳しく見る

美しさは小顔から

男性医師

脳からの指令をブロック

人間の体にはおよそ600個の筋肉があり、その中で本人の意志によって動かせる筋肉は概ね400個とも言われています。咀嚼をする時に使う咬筋もその1つで、日頃から力を込めて噛む習慣があればトレーニング効果で大きくなり、エラの張った顔になるのです。また、意図的に筋肉を動かす時は脳からの命令を筋肉に伝える必要があり、それはシナプスと呼ばれる接合点でアセチルコリンを介して行われます。そこでボトックスの出番となる訳ですが、ボトックスにはアセチルコリンの活動を阻害する能力があるのです。ボトックスによって脳の指令が筋肉へ伝わらなければ咀嚼筋は動きませんから、毎日の利用頻度が激減します。筋肉は使えば太くなり、使わなければ細くなるため、ボトックスで動きを止められた咬筋は日ごとに細くなり、最終的にエラの張り出しが減って小顔になるのです。そのため咬筋が太くガッチリしている人ほど効き目が顕著に現れますので、場合によっては注射だけでも驚きの小顔効果が得られます。治療後は半年ほどで元に戻っていきますが、柔らかい食事を心掛けることも豆知識となっており、工夫次第では小顔効果を延ばせるのです。美しくなることは女性にとって永遠とも呼べるテーマですが、顔の大きさなど、エラの張り出しは自助努力で解決できない場合が殆どです。そんな時に美容整形クリニックが頼れる存在となり、特に手軽に治したい時は、ボトックス注射の利用価値が高くなります。ただしボトックス注射は女性専用という訳ではないので、エラの張り出しに悩む男性陣が利用しても問題ありません。接客や営業職など、人と接することが多い場合や、他人に好感を与えたい時にも利用できる小顔治療です。また、美容整形クリニックにはボトックス注射のほか、骨を切ったり削ったりすることで、永遠の小顔を手に入れられる治療方法もあります。ですがそれらの切開治療は元に戻るのが難しいため、例え成功しても気に入らなければどうしよう、と迷う場合もあるかもしれません。しかしながら、ボトックス注射の持続効果は概ね半年間ですので、ちょっとだけ小顔になってみたいという場合でも、丁度良い治療になっています。もしも気に入ればより本格的な小顔治療を検討しても良い訳ですから、そのお試し治療としても活用できるのです。

Copyright© 2018 エラの張りをボトックスでなくそう【丁度良い治療】 All Rights Reserved.