施術も申込も簡単|エラの張りをボトックスでなくそう【丁度良い治療】

サイトメニュー

施術も申込も簡単

医者

継続治療を受ける際は

目立ってしまうフェイスラインのエラ張りを、注射だけで改善できるボトックスエラ治療は、申込方法もとても簡単です。魅力を感じた美容整形クリニックがありましたら、お電話、もしくはネットでカウンセリングの予約を致します。この段階ではボトックスエラ治療の本申込ではありませんので、まだ決めかねている場合でも安心です。また、治療先は複数比較して決めることも大切ですから、同じ日に時間差を付けて予約を入れ、幾つかのクリニックを一日で回るといった申込方法も良いかもしれません。そして、候補の中でも本命と考えているクリニックを、最後に訪れるように申込んでおくのも得策です。そのことで、ほかのクリニックと比較して本命が一番好印象だった場合、カウンセリングの直後に治療の本申込みができますので、後日に連絡する手間が省けます。さらにクリニック次第では、治療の申込書を作成しましたら、当日にボトックスエラ治療が受けられる場合も少なくありません。そこで当日治療を視野に入れる際は、ゴム印以外の印鑑や治療代など、必要な物を準備して行くと良いでしょう。副作用が少ないことでも知られるボトックスエラ治療ですが、内出血は数十分の一の割合で起きるともされています。つまり確率的には殆ど考慮する必要がなく、たとえ内出血が発生してもメイクで隠せるレベルが一般的です。そのため万が一のことを考え、治療当日はコンシーラーなどを持参するように留意しておくと良いでしょう。一方、ボトックスエラ治療は継続施術も人気の治療方法ですが、短期間に注射を繰り返せば、体内でボトックスに対する抗体が生れる可能性が高くなります。これが生成されるとボトックスの効力が少なからず落ちますので、気を付けておきたいポイントです。特にボトックスはエラの小顔治療だけでなく、シワ取りや多汗症治療など、美容整形では数々の治療で使われています。この抗体は全部位で共通ですから、ボトックスエラ治療は一定間隔が空いていても、その間にほかのボトックス治療を受けますと、結果的に短期間の連続注射となってしまうのです。そこで、ほかのボトックス治療も希望する時は、ボトックスエラ治療と同じタイミングで受けるように工夫するなど、事前にドクターと良く相談しておいてください。

Copyright© 2018 エラの張りをボトックスでなくそう【丁度良い治療】 All Rights Reserved.