サイトメニュー

小顔でファッションを満喫

診察

当日の治療内容と選考基準

ファッションで美を演出するのも大切ですが、肝心の顔のエラが目立つ状態では、それを何とかしたいと考えるのも当然のことです。その悩みを気軽に解決したい場合に最適なのがボトックスエラ注入で、ここ数年ですっかり定着した美容整形治療となっています。治療のファーストステップはカウンセリングであり、希望や仕上がりのイメージを医師に伝え、不明な点などがあれば何でも聞いておきましょう。次のステップでは麻酔が行われますが、麻酔の種類や有無はクリニックごとで違います。そこで麻酔がオプションの場合でも、やはり麻酔をして欲しい時は、事前に伝えておくのが肝要です。そして、麻酔が効けば治療のメインとなるボトックスエラ注入が開始され、早ければ数分で終わります。基本的に左右のエラに同量のボトックスを注射しますが、もしも咀嚼筋の太さが左右で違う場合は、医師が注入量を微調整してくれるので安心です。注入が終われば後は何もする必要がないため、直ぐにメイクを整えて帰れるのも嬉しいポイントになっています。納得の治療を受けるためには、クリニックも慎重に選ばねばなりませんが、プライバシーが確保されている美容整形外科を探すのもポイントです。ほかの患者と出くわさないように配慮されているクリニックや、完全予約制ならカウンセリングの時もゆっくり話せます。どんな風になりたいか、しっかり医師へ伝えることが成功のカギを握るため、ボトックスエラ注入ではカウンセリングを大事にしているクリニックをお選びください。また、アフターケアが整っているクリニックも信頼が置けますので、それも選考基準にしましょう。そして注入するボトックスにも目を向け、国の認可を受けている高品質な製品であるか、チェックするのが重要です。コストパフォーマンスを優先する場合は別ですが、安全性や小顔効果などを重視する際は欠かせないチェックポイントになります。そのほか、顔に脂肪が付いているなど、ボトックスエラ注入と同時に脂肪溶解注射も希望している時は、それらの組み合わせ治療に対応する医院を探しましょう。

Copyright© 2018 エラの張りをボトックスでなくそう【丁度良い治療】 All Rights Reserved.